モビットの提携ATMにはどんなものがあるのか?

まず、そもそも論として「モビットはどこのATMと提携しているのか?」と言うのがありますよね。

 

モビットは自動契約機によるカード発行もしていますが、郵送でのカード受取や、銀行振込によるキャッシングにも対応しています。

 

ですが、肝心の提携ATMが分からないと、借入や返済も困ってしまいますよね。

 

そこで、次にモビットと提携している主なATMを一覧形式でまとめてみました!

 

モビットと提携する主なATMのまとめ!

提携ATM名手数料営業時間
三井住友銀行ATM無料0:00~24:00
三菱東京UFJ銀行ATM有料7:00~24:00
セブン銀行ATM有料0:10~23:50
E-net(ファミリーマート)有料0:00~24:00
ローソンATM有料0:00~24:00

 

まず注意点として、モビットと提携しているATMの営業時間は、店舗や曜日により営業時間が異なる場合があります。

 

また、各提携ATMの詳しい場所は、銀行のホームページやgoogleマップなどを参考にしてチェックして下さい。

 

ちなみに、E-netファミリーマートだけでなく、ミニストップやスリーエフ、デイリーヤマザキなどでも設置されてあります。

 

今紹介した5つのATMからモビットを利用すれば、入金も出金もどちらも利用できるうえ、後日モビットから利用明細の郵送物が届かないので安心です。

 

※後述しますが、ゆうちょ銀行など一部の提携ATMでモビットを利用すると、後日利用明細が届けられるので注意が必要です。

 

モビットの提携ATMの利用手数料は?

また、モビットの提携ATMの利用手数料は以下のように設定されてあります。

 

取引金額入金出金
1万円以下108円108円
1万円超216円216円

 

このとき、三井住友銀行のATMだけは利用手数料が無料で使えるので、毎回の利用のときに少しだけお得に使えます。

 

ただし、コンビニなどの提携ATMから三井住友銀行を利用しても利用手数料はかかるので注意してください。

 

モビットの自動契約機と提携ATMの営業時間は?

これはモビットの提携ATMの補足になりますが、審査に通過したあとに利用するモビットの自動契約機の営業時間などについても紹介したいと思います。

 

モビットの営業時間一覧

インターネット申込電話申込み自動契約機
24時間対応9:00~21:008:00~21:00

 

審査を申し込むときは基本的にインターネットからの申込みが便利ですが、電話申込みでも9時~21時の間で対応してもらえます。

 

また、審査が完了したあとのカード受け取りは、あなたの近くにあるモビットのローン申込機(自動契約機)に8:00~21:00までに行けばOK!

 

(※ローン申込機は、場所により営業時間が異なります。)

 

モビットの場合、あなたが希望すれば、後日郵送でカードが届けられたり、振込キャッシングよる借入もできます。

 

もし振込キャッシングを希望する場合は、各銀行の口座反映の時間までに振込操作を完了させて下さいね。

 

モビットでATMからキャッシングするときの借り方は?

次にモビットで提携ATMを利用してキャッシングするときの具体的な借り方の手順についての解説です。

 

モビットの場合、基本的には銀行ATMのキャッシュカード感覚で操作をすれば、借入ができます。

 

モビットの提携ATMまで到着したら、カード挿入口にモビットカードを挿入するだけ!

 

後は表示されるタッチパネルに従って、あなたが必要とする金額を入力すれば、すぐにキャッシングが完了します。

 

E-netやセブン銀行など、提携先のコンビニATMを利用すれば24時間いつでもあなたの好きなタイミングでキャッシングできるのでとても便利です。

 

モビットならATMからの返済もラクラク!

また、モビットなら提携ATMからの返済もラクにできるので安心です。

 

返済の操作方法も簡単で、モビットと提携しているATMにモビットカードを挿入し、返済(または入金)で必要な金額を入金するだけ。

 

これでモビットの返済操作は完了なので、会社のお昼休みや仕事帰りのコンビニなど、あなたのタイミングに合わせてカードを支払えるのでとても便利!

 

モビットの返済期日一覧表

約定返済日借入日返済期日
毎月5日1日~19日借入日の翌月の約定返済日
20日~末日借入日の翌々月の約定返済日
毎月15日1日~末日借入日の翌月の約定返済日
毎月25日1日~9日借入日の同月の約定返済日
10日~末日借入日の翌月の約定返済日
毎月末日1日~14日借入日の同月の約定返済日
15日~末日借入日の翌月の約定返済日

 

少しややこしく感じるかもしれませんが、モビットの返済日は1か月に1回、あなたの都合に合わせて選択することができます。

 

もし返済日の変更などをしたい場合は、カード裏面にあるモビットのコールセンターに電話をすれば大丈夫!

 

また、返済期日は日付が変わるまでにATMから入金をすれば、遅延損害金が掛かる心配はありません。

 

ちなみに、モビットが提携するATMによっては、借入のみに対応していて、返済には対応していない提携ATMもあるので注意が必要です。

 

モビットの公式スマホアプリでセブン銀行が使える

実は、モビットが配信する公式アプリをインストールし、セブン銀行と連携させれば、借入や返済の操作がさらに簡単になるんです。

 

>>モビットの公式アプリの詳細はこちら!

 

その他、モビットの公式アプリを利用すれば、返済期日の確認や返済の操作もとても簡単にできます。

 

また、アプリからの操作を行えば、原則24時間いつでも入出金が可能なので、急な飲み会や深夜の二次会でも安心!

 

財布の中にモビットカードを入れておく必要もないので、誰かに財布の中身を見られたときも安心ですよ。

 

ゆうちょATMでモビットを利用すると明細書が届くので注意!

今回はモビットの提携ATMについての情報をまとめていますが、提携ATMを利用する際に1つだけ注意点があります。

 

それが「利用する提携ATMによっては、後日モビットから利用明細書が届くことがある」という点です。

 

代表的なのが、ゆうちょ銀行ATMを経由してモビットを利用した場合。

 

実は、ゆうちょ銀行や提携する地方銀行や信用金庫でモビットを利用すると、貸金業法に基づき、後日モビットから利用明細と領収書が郵送されてしまうんです。

 

後日モビットから明細書が届けられる提携ATM一覧

北海道・東北地方

  • 北海道銀行
  • 北洋銀行
  • みちのく銀行
  • 仙台銀行

関東・甲信越地区

  • 常陽銀行
  • 足利銀行
  • 栃木銀行
  • 群馬銀行 (出金のみ)
  • 武蔵野銀行 (出金のみ)
  • 千葉銀行
  • 京葉銀行
  • 横浜銀行
  • 第四銀行 (出金のみ)

中部・北陸地区

  • 北陸銀行
  • 大垣共立銀行
  • 十六銀行
  • スルガ銀行 (出金のみ)
  • 中京銀行
  • 百五銀行

関西地区

  • 京都銀行
  • 池田泉州銀行
  • 但馬銀行
  • 南都銀行 (出金のみ)
  • 紀陽銀行 (出金のみ)

中国地区

  • トマト銀行
  • もみじ銀行 (出金のみ)
  • 西京銀行

四国・九州地区

  • 百十四銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 宮崎銀行 (出金のみ)

その他

  • 全国の信用金庫(出金のみ、一部の信金利用不可)
  • VIEW ALTTE(出金のみ)
  • PatSat

 

ただし、イオン銀行・プロミス・第三銀行・福岡銀行・親和銀行・熊本銀行に関しては、モビットを利用しても後日郵送物は届かず、その場で利用明細が発行される仕組みになっています。

 

詳しくはモビットの公式サイトをチェックして、利用明細が届くかどうかをチェックして下さいね!

 

>>モビットの提携ATM一覧はこちら!

 

万が一、近くにモビットの提携ATMがないときは?

もし万が一、あなたの近くにモビットの提携ATMがないと思ったら、まずは落ち着いて、下の公式サイトからモビットの提携ATMを検索されて下さい。

 

>>モビットの提携ATM一覧

>>ローン申込機、設置場所検索

 

モビットは全国に展開している大手カードローン会社なので、あなたの近くにも必ずモビットがあるはずです。

 

もし、上の検索システムを利用してもモビットが見つからない場合は、まずはモビットのコールセンターに電話をして相談されてみて下さい。

 

モビットコールセンター
カード申込み 0120-03-5000 (営業時間 9:00~21:00)
各種問い合わせ 0120-24-7217 (営業時間 9:00~21:00)
残高照会 0120-24-7061 (24時間対応 ※自動音声)

三井住友銀行グループのモビットだからこそ、返済や借入で困ったことがあっても、いつでもサポートしてくれる体制を整えています。

 

またモビットの公式アプリでも、振込キャッシングの操作などができるので、ぜひ利用されてみて下さいね!

 

モビットのATMに関してよくある質問のまとめ!

1000円単位の返済や借入はできますか?

はいできます。1000円単位での返済であれば、返済が可能な提携ATMであればどこでも可能です。

 

ただし、1000円単位での借入となると、対応可能な提携ATMの数が限られるので注意が必要です。

 

主な提携ATMを挙げると「三菱東京UFJ銀行・セブン銀行・プロミス」であれば1000円単位での借入が可能になっています。

 

モビットのATMの場所は?

モビットなら全国にローン申込機と提携ATMが設置されてあります。

 

詳しくは、それぞれモビットの公式サイトからチェックされてみて下さい。

 

>>モビットの提携ATM一覧
>>ローン申込機、設置場所検索

 

提携ATMの使い方を教えて!

借入も返済も、銀行のキャッシュカード感覚で操作ができます。

 

基本的には提携先のATMまで足を運んで、カード挿入口にモビットカードを挿入するだけ。

 

あとは画面を操作して、あなたが必要とする金額を入力すればOKです。

 

モビットはコンビニATMでも使えるの?

ローソン、セブンイレブン、ファミリーマートなどに設置されてある提携ATMを利用すれば、原則24時間いつでもキャッシングが可能です。

 

ただし、提携先のコンビニATMを使う時は、利用手数料が発生するので注意が必要です。

 

詳しくは「モビットの提携ATMのまとめ」を参考にして下さい。

 

モビットはATMでも全額返済できるの?

もちろんできます。

 

ただし、全額返済を提携ATMから行う場合、端数の返済ができないので、事前にモビットのコールセンターで一括返済の金額を確認されることをおすすめします。

 

モビットコールセンター
カード申込み 0120-03-5000 (営業時間 9:00~21:00)
各種問い合わせ 0120-24-7217 (営業時間 9:00~21:00)
残高照会 0120-24-7061 (24時間対応 ※自動音声)

基本的に一括返済や解約を行う場合、1000円未満の端数に関しては返済しなくて良いという案内を受けることが多いですが、念のために端数の金額の扱いも確認しておくと安心です。

 

ただし、提携ATMによっては50万円以上の操作は行えない場合があるので、その場合はあらかじめモビットに返済方法についても確認しておくと安心です。

 

ローン申込機でかかる時間は?

ローン申込機を利用すれば約5分程度でモビットカードの発行が完了します。

ただし、そこから本審査などの手続きに最短30分ほど掛かるので、事前に公式サイトからWEB審査を申し込んでおくと便利です。

 

またローン申込機にの中に入るのに抵抗を感じる場合は、モビットのWEB完結申込がおすすめ。

 

モビットのWEB完結申込を利用すれば、ローン申込機の中に入ることなく審査が完了するので安心です。

 

しかも、本人確認の電話や勤務先確認の電話なしでキャッシングできるので、誰にも気付かれずに安心してキャッシングできますよ!

 

三井住友銀行グループのモビットならあなたも安心して利用できること間違いありませんので、ぜひ利用されてみて下さいね!

 

>>モビットの審査に通るためのコツはこちら!

この記事を読んでいる人はこれも読んでいます