もしもモビットの返済ができないときは?今すぐできる緊急回避策!

前回の記事(モビットの毎月の返済額はいくら?他社とどれだけ安いのか比べてみた)で、モビットの返済額を他社と比較したとき、モビットの返済ができない時の話を少しだけしました。

 

そこで今回は、改めてモビットの返済ができないときの対応方法やいくつか有効な緊急回避策をお伝えしたいと思います。

 

これは過去に私がお金が困ったときに実践して、上手く行った成功事例のまとめなので、あなたも困ったときにぜひ今からお話しすることを思い出してください。

 

モビットの返済相談のポイント!

モビットに電話で相談する
返済の一時的な延長や減額の相談
場合によっては金利の相談もできる?

 

三井住友銀行グループのモビットは、カードローン業界のなかでも歴史が長い大手なので、強引な取り立てや恫喝というのは絶対に起こりません

 

だからこそ、あなたがカードの支払いで困ったことがあるなら、迷わずにモビットに相談してみましょう。

 

きっと色々な提案やアドバイスをもらえるかと思います。

 

「返済ができない」という相談は勇気がいるかと思いますが、過去に実際に私がカード会社に相談してきた事例を次にまとめるので、ぜひ参考にして下さい!

 

モビットで返済の相談する時のポイントと回答事例集!

1.モビットに電話で相談する

まずは返済ができないと分かった時点で、素直にモビットに相談をします。

 

返済の相談って結構な勇気が必要ですが、支払い期日前にこちらから対応した方が心証も良いので頑張りましょう。

 

この時のポイントとしては「支払いができない」と泣きつくのではなく、「いくらまでなら払えそう」という代案をこちらから持っていくスタイルで相談を持ちかけることです。

 

過去に何の代案もなく「支払いができないんですが…」とだけ伝えても、モビット側も困ってしまうことが多かったので、まずはあなた自身がどんな条件なら支払いができそうかを相談してみて下さい。

 

2.返済の一時的な延長や減額の相談

では一体どんな相談事例が、モビット側との交渉で上手く行きやすいのか?

 

過去に私が相談した内容で、反応が良かったものと悪かったものを下にまとめました。

 

反応が良かった返済相談の事例

 

  • 今月の返済がどうしても難しいので、金利分だけの支払いにできませんか?
  • 今月の返済額を満額は難しいので、半分だけの支払いにできませんか?

 

実は毎月の返済額の減額の相談は、意外と上手くいくケースが多いです。

 

恐らく、モビット側にも対応マニュアルがあるのかもしれませんが、返済が難しい人には、返済期日を待つより返済額の一時的な減額の提案が多い印象を受けました。

 

逆に、相談を持ちかけても難色を示された例も一緒にまとめたいと思います。

 

難色を示された相談事例

 

  • 今月お金がないので、支払いを一カ月だけ待ってくれませんか?
  • お給料日まで日が遠くて、あと1週間まってくれませんか?

 

実はこれらの返済期日の延長の相談は、意外と失敗しやすいです。

 

と言うのも、カードローンの返済期日が遅れると、事前に連絡をしていたとしても、契約内容に従い遅延損害金(モビットの場合は年率20.0%)が発生するので、モビット側もこれを避けれる方法を探してくれているからです。

 

仮に100万円の残高がある様態で返済期日を1週間遅らせた場合、発生する遅延損害金は約3835円となります。これだったら数千円でも払っておいて遅延損害金を避けた方が賢いですよね。

 

こういった事情があるので、モビット側もあなたに遅延損害金を極力負担させないような方法を一緒に考えてくれます。

 

ちなみに、当月発生した利息分だけの返済の相談をすれば、最低返済額の半分くらいに抑えることができますし、次の返済日まで時間を稼ぐこともできます。

 

あくまで一時しのぎというか緊急回避策に過ぎませんが、知っておいて損はない方法だと思いますよ。

 

3.場合によっては金利の相談もできる?

実は、ある程度の長期間の利用をしていれば、モビットに毎月の返済金利の相談を持ちかけることができます。

 

一番確実なのは、司法書士などの債務整理に強い法律家に依頼をすることですが、実は金利の引き下げの相談はあなた個人だけでもできます。

 

主な相談方法としては、以下のような聞き方があるかと思います。

 

金利相談のよくある事例

 

  • 毎月の返済が苦しいので、適用されている金利を下げてもらえませんか?
  • 金利の引き下げが難しいなら、毎月の最低返済額を下げてもらえると嬉しいです

 

モビット側の都合として、一番困るのは、本当に返済ができなくなって債権が回収できなくなってしまうことなので、こうした金利の相談にはひとまず検討してくれることが多いです。

 

もちろん、こちらの条件を毎回すべて飲んでもらえる訳ではないのですが、あなたの過去の返済状態などを見たうえで判断されるケースが多いです。

 

今紹介した方法は少し難易度が高いというか、ある程度の条件が整わないとできません。

 

ですが、成功すれば完済までの道が一気に近づく強力な方法です。ぜひダメ元で実践してみて下さい。

 

一番ダメなのは自転車操業と電話を無視すること!

 

今回はモビットの返済ができなくなった時の緊急回避策を紹介しました。

 

最後に必ず覚えておいて欲しいこととして、絶対にやってはいけない対応策を2つお伝えして終わりたいと思います。

 

絶対にやってはダメなこと!

 

  • 返済ができないからと言ってモビットの電話を放置する。
  • 返済金を手に入れるために、他社カードローンに審査を申し込む。

 

この2つは解説するまでもありませんが、後から本当に大変なことになります。

 

たまに悪質なサイトでは「返済ができないなら他社から借り入れを増やせばいい」と言った誘導をしていますが、それは絶対に間違ってます

 

返済ができないからと言って他社からの借入を増やしても、最終的な返済額が増えるだけなので絶対に辞めましょう。むしろ、勇気を出してモビットに電話を掛けた方が、あなたも絶対に後悔しないはず。

 

返済の相談は勇気のいることかもしれませんが、モビットはどんな時も対応が丁寧なので、勇気をだして返済の相談を持ちかけて下さいね。

この記事を読んでいる人はこれも読んでいます