モビットの審査に落ちる人には原因があります

「モビットの審査に落ちた…」
「審査に落ちてしまった原因が分からない…」

 

一度審査に落ちてしまうと、体から変な汗がでて嫌な気持ちになりますよね。

 

ですが安心して下さい。

 

モビットに限らず、すべてのカードローン審査には、必ず審査に落ちた理由があります。

 

まずは今から紹介する4つの審査落ちの原因のなかで、あなたが心当たりがあるものがないかをチェックして下さい。

 

[normal_box2 color=”green” border=”b3″]

モビットの審査落ちでよくある5つの原因

 

    [point_m color=”green” no=”1″]収入が足りていない?[/point_m]
    [point_m color=”green” no=”2″]すでに借り過ぎている?[/point_m]
    [point_m color=”green” no=”3″]申告内容に嘘やミスが多かった?[/point_m]
    [point_m color=”green” no=”4″]短期間に審査を申し込み過ぎている?[/point_m]
    [point_m color=”green” no=”5″]過去の返済履歴に問題がある?[/point_m]
[/normal_box2]

 

もしこれらの原因のなかで、どれか1つでも当てはまっている場合、あなたがモビットの審査に落ちてしまう可能性がとても高いと言えます。

 

もちろんモビットの審査は総合的な判断が行われるので、1つの原因を解決したからと言って、必ず審査に通るわけではありません。

 

ではありませんが、1個1個の審査落ちの原因を改善し対策をしていけば、あなたもカードローンの審査に通る可能性が必ずでてきます。

 

最後まであきらめず、しっかりとできる対策を打っていきましょう。

 

 

モビットの審査に落ちた時の原因と対策方法

1.収入が足りていない?

モビットの審査落ちの中で一番多いと言われているのが「収入が足りていない」という理由です。

 

カードローンの中でもモビットは比較的審査が厳しめなので、パートやアルバイト収入がメインの場合、収入が少ないことを理由に審査に落ちるケースがあるようです。

 

バイトのシフトを多めに入れるか、日雇いなどで副収入を増やすなどで、一時的に収入を増やす方法などがおすすめです。

 

また、手取り年収ではなく額面の年収で申告することも、モビットの審査対策としては有効です。

もしこれらの対策をしても結果が変わらない場合は、モビット以外のカードローンを申し込むようにしましょう。

 

[finger2 color=”green”]

年収が低い場合の対策方法![imglist icon=”check1″ color=”green”]

  • シフトを多めに入れる!
  • 手取り年収ではなく額面年収で申告
  • 最悪、他のカードローンを申し込む!
[/imglist][/finger2]

 

2.すでに借り過ぎている?

また「すでに借り過ぎている」場合もモビットの審査に落ちる原因となってしまいます。

 

モビットは総量規制のカードローンなので、あなたの年収の3分の1以上のお金を借りることができません。

 

大切なのは

 

「すでにあなたが借りている他社カードローンやクレジットカードのリボ残高などの合計金額が、あなたの年収の3分の1を上回っていないか?

 

ということ。

 

もし、現在の借入合計額が3分の1以上借りている場合は、総量規制対象外のカードローンに審査を申し込む必要があります。

 

[finger2 color=”green”]

すでに借り過ぎている場合の対策![imglist icon=”check1″ color=”green”]

  • モビットは総量規制のカードローン
  • 年収の3分の1以上はモビットでは借りれない
  • 総量規制対象外のカードローンを申し込む
[/imglist][/finger2]

 

3.申告内容に嘘やミスが多かった?

審査落ちの理由で多いのが「年収不足」や「借り過ぎ」ですが、これは審査落ちの理由としてはとても有名ですよね。

 

そのため、審査を申し込んだ時に少しでも自分を良く見せようとして、審査で嘘を付いてしまうケースがありますが、実はこれも審査落ちの原因になります。

 

モビットの場合、あなたが申告した内容に嘘がないかを審査の時に確認しているので、審査内容に嘘があると判断した場合、審査落ちの理由として扱われてしまうことがあるんです。

 

また、電話番号やメールアドレスなど、本人確認や勤務先確認につかう連絡先に入力ミスがあると、確認が取れなかったという理由で審査に落ちるケースもあります。

 

対策方法としては、審査では絶対に嘘をつかない事や、携帯や勤務先の電話番号だけは必ずミスの無いように正確に入力するようにしましょう。

 

[finger2 color=”green”]

申告内容に嘘やミスがある時の対策![imglist icon=”check1″ color=”green”]

  • 申告内容の嘘はすぐにバレる!
  • 審査のときは正直に申告するのがベスト!
  • 携帯や勤務先の番号はミスなく入力!
[/imglist][/finger2]

 

4.短期間に審査を申し込み過ぎている?

審査落ちの理由のなかで、特に注意をしておきたいのが「短期間に審査を申し込みすぎている」ケースです。

 

もしあなたが短期間に審査を申し込み過ぎていると、一時的にすべてのカードローン審査で通りにくくなってしまうケースがあります。

 

これはモビットなど、各カードローン会社が審査内容や審査結果を共有しているためです。

 

そのため、あなたが1日の間に3社4社とカードローン審査を申し込んでしまうと、一時的に審査に通りにくくなってしまいます。

 

対策としては、少なくとも1か月は新規のカード審査を控えておき、ほとぼりを待つのが一番です。

 

また審査を申し込むときは1か月に3社までにしておくようにしましょう。

 

[finger2 color=”green”]

短期間に審査を申し込んでいる時の対策![imglist icon=”check1″ color=”green”]

  • 審査結果や内容は情報共有されている
  • 少なくとも1か月は審査をやめておく
  • 申し込むのは1か月に3社までにする
[/imglist][/finger2]

 

5.過去の返済履歴に問題がある?

モビットの審査落ちの原因のなかで、もっとも厄介なのが「過去の返済履歴に問題がある」ケースです。

 

モビットに限らず、すべてのカードローン審査では、あなたの過去のカード類やローン関連の返済履歴をとても重要視します。

 

具体的には過去2年間の間で、他社カードローンやクレジットカードなどで滞納や延滞が無かったのチェックです。

 

特に注意したいのが、携帯電話の分割代金。

 

実は携帯電話の分割代金も返済履歴の実績をしてチェックされているので、もし心当たりがある場合にはさっそく支払いを済ませるようにしましょう。

 

少なくとも過去3カ月間の返済履歴はキレイな状態にしておくことをおすすめします。

 

[finger2 color=”green”]

過去の返済履歴の対策[imglist icon=”check1″ color=”green”]

  • 過去2年間の返済履歴がチェックされる
  • カード類やローン関連で滞納がない状態に
  • 少なくとも直近の3カ月分はキレイにする
[/imglist][/finger2]

 

モビットの審査は必要条件さえ満たせば必ず通ります!

今回はモビットの審査落ちの原因と対策をそれぞれ5つに分けて解説をしました。

 

改めて解説した内容をまとめると以下の通りです。

 

[normal_box2 color=”green” border=”b3″]

モビットの審査落ちでよくある5つの原因

 

    [point_m color=”green” no=”1″]収入が足りていない?[/point_m]

⇒手取りではなく額面で申告する

 

    [point_m color=”green” no=”2″]すでに借り過ぎている?[/point_m]

⇒総量規制対象外のカードローンで対策

 

    [point_m color=”green” no=”3″]申告内容に嘘やミスが多かった?[/point_m]

⇒審査での嘘はNG!連絡先は正確に入力!

 

    [point_m color=”green” no=”4″]短期間に審査を申し込み過ぎている?[/point_m]

⇒少なくとも1か月は新規の審査を控えて

 

    [point_m color=”green” no=”5″]過去の返済履歴に問題がある?[/point_m]

⇒直近3か月分の返済履歴はキレイにしておく

[/normal_box2]

 

もしあなたがモビットの審査に通らなくて困っているのであれば、今紹介した審査落ちの対策を今すぐ実践して、モビットに審査を申し込んでみて下さい。

 

また、1か月以内に改めて同じカードローンに審査を申し込んでも、審査結果が変わらないことが多いので、

 

まずはモビット以外のカードローンに審査を申し込んでみる方法もおすすめ。

 

モビット以外にも、アコムやプロミス、バンクイックなど、色々なカードローンがあるので、今紹介した審査落ちの対策を参考にしつつ、他社カードローンに審査を申し込んでみて下さい。

 

最後まであきらめずに行動を続ければ、あなたにもきっとチャンスが広がりますよ!

この記事を読んでいる人はこれも読んでいます