SMBCモビットとオリックス銀行カードローンはどちらがおすすめか?

結論を言えば、勤務先への電話確認を避けたいのならモビット毎月の提携ATMの手数料を節約したいならオリックス銀行カードローンがおすすめです。

 

SMBCモビットとオリックス銀行カードローンの基本的な違い

 モビットオリックス銀行カードローン
審査時間最短30分
金利(年率)3.0%~18.0%1.7%~17.8%
限度額800万円800万円
最低返済額4000円~7000円~
自動契約機ありなし
収入証明書

オリックス銀行カードローンはネットバンクのカードローンで、限度額も高く利用者も多い銀行カードローンです。

ただ、審査に時間がかかりカード発行まで時間が掛かるのが難点だと言えます。

その分、カードが発行されたあとは提携ATMの手数料が0円で利用できるメリットが魅力的。

一方モビットは、審査時間が10秒で完了する10秒簡易審査があり、最短即日融資で借りれるのが最大のメリット。

また、WEB完結申込を利用することで、会社や勤務先への電話確認なしで審査が完了できるのも選ばれる理由となっています。

 

30万円以下のキャッシングならSMBCモビットのが有利!

カードローンでキャッシングをするときに、意識しておいて欲しいのが「毎月の返済額」についてです。

モビットは毎月の最低返済額は月4000円からになっていますが、実は限度額が30万円を超えてくると、オリックス銀行カードローンの方が毎月の返済額が割安になってくるんです。

SMBCモビットとオリックス銀行カードローンの返済額を比較

 10万円20万円30万円40万円50万円60万円70万円80万円90万円100万円
SMBCモビット4,000円8,000円11,000円11,000円13000円16,000円18,000円21,000円24,000円26,000円
オリックス銀行カードローン7,000円10,000円10,000円20,000円20,000円20,000円20,000円20,000円20,000円20,000円

毎月の返済額を比較してみると、限度額が30万円未満か60万円以上利用するのなら、モビットの方が毎月の返済額が安いことが分かります。

逆に限度額が30万円~50万円までならオリックス銀行カードローンの方が返済額が安いです。

そのため、あなたが借りたいと思っているキャッシング予算に応じて、どちらのカードローンが最適なのかを考えるのがおすすめだと言えます。

 

提携ATMの手数料を少しでも節約したいならオリックス銀行カードローン

実はオリックス銀行カードローンを利用すれば、提携先のATM手数料がすべて無料になるサービスがついています。

手数料無料になる主な提携ATM

 SMBCモビットオリックス銀行カードローン
三井住友銀行ATM無料無料
三菱東京UFJ銀行ATM有料無料
ゆうちょ銀行ATM有料無料
セブン銀行ATM有料無料
ローソンATM有料無料
E-net有料無料

モビットでは三井住友銀行のみ提携ATMの手数料が無料になっていますが、オリックス銀行カードローンはこれらの提携ATMがすべて無料。

そのため、毎月のカードの支払いを少しでも節約したいと思っているのなら、オリックス銀行カードローンがおすすめです。

 

会社や勤務先への電話確認をなしにしたいならSMBCモビット

一方、モビットは会社や勤務先への電話確認をなしにできる「WEB完結申込」がとても便利になっています。

通常、カードローン審査を申し込むと、必ず勤務先への電話確認が発生しますが、モビットならその心配がありません。

そのため、誰にも気付かれずに内緒で借りたい人にモビットはとても支持されています。

また、モビットなら最短即日融資で借りれるだけでなく、三井住友銀行ATMを利用すれば、ATM手数料0円で借入や返済もできるので、とても便利でお得なカードローンになっています。

ぜひ検討してみて下さい。

 

電話確認が嫌ならSMBCモビット、手数料節約ならオリックス銀行カードローン

モビットは審査時間がとても短いだけでなく、電話対応がとても丁寧なことも特徴の一つとして挙げられます。

特に女性も安心して利用できるカードローンとして、モビットは2chなどの色々なサイトで評判が良いので、あなたも安心して利用できるはずです。

一方、オリックス銀行カードローンを使えば、審査やカード発行までに時間は掛かるものの、すべての提携ATMの手数料が0円になるメリットはとても大きいです。

特に色々な場所でのキャッシングを考えているのなら、オリックス銀行カードローンの方がおすすめだと言えます。

どちらもカードローンとしてはとても良い条件でキャッシングできるので、あなたのキャッシングプランに合わせて好きな方を選んで下さいね!

この記事を読んでいる人はこれも読んでいます